パンダの中の人

思いつきとおぼえがき
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
リリーフランキーの、東京タワー 
オカンとボク、時々オトン。


リズムが良くて言葉遊びみたいな文章と、
わざとらしいまで赤裸々なしみったれの告白。
その繰り返し。


あたしにとってのリリーフランキーは、
小学生の時に初めて買ってもらった小説以外の本、
「10回クイズ」の挿絵を描いた人。
大人になってからテレビで見た、「業界っぽい色男」。


新作の小説の帯には「泣ける」っていう推薦文が並んでいて、
天邪鬼なあたしは
「泣けるって言われて泣くかっつうの、忠犬ハチ公じゃ泣かねぇんだ。
おどらされねぇぞ。」って斜に構えて読み進めたんだけど・・・。

号泣。

号泣ついでに、いてもたってもいられなくて
親の顔を見に田舎に行って来ちゃいました。てへ。


全ての田舎者、全てのしみったれ、全ての子供は読むべし。


トンボ帰りで家に戻ってテレビを見ると、情熱大陸・菊地成孔特集。
この人もお父ちゃんとお母ちゃんの写真が何度も画面に。
氏の故郷、はしゃいで歩き回るその先には
以前の極彩色のネオンはどこにもないけど
誰にとっても故郷の色彩は変わって行くものなんじゃないかなー。


DCPRGでがーーーっとおどりたいなー。
| 2005読了日記 | 00:39 | comments(2) | trackbacks(11)
半島を出よ
村上龍の新刊。売れてると言われるとなんとなく飛び付けなかったけど、龍シンパなので一気に読了。 かっこいい。 村上龍の作品は、海の向こうで戦争がはじまる、が衝撃的で、あーもー、これはあたしの一部でした、って思ったんだけど。ははは。 新刊は、どぎついだけじゃなくて、時事ネタの教訓って訳じゃもちろんなくて、なんつうか泣ける。やさしい。 面白いから先に読み進みたいのに、物語が終わってしまうのがもったいなくって困るっていう読書はとても楽しい。
| 2005読了日記 | 01:36 | comments(2) | trackbacks(0)
ブクログ報告
重い遅いといいながらもブクログ利用中。
重い、ほとほと重い。


先日幸せカップル大ちん佐久間っちと遊んで二人からそれぞれのお薦め本を貸してもらってた。泡盛で酩酊状態だったので借りた経緯は分からない。なんで借りて帰ったんだろうなぁ、漫画を6冊も。重いのに。他に気の利いたのあっただろうに・・。

岡田あーみん「ルナティック雑技団」  西原理恵子「ぼくんち」
 


両方とも泣けました。

「ぼくんち」で泣いてはいけないって言われてたんだけど、我慢できずに落涙。

あーみんって、すごい。いつ読んでもやっぱりすごくくだらない。


好きな本って人柄があらわれるものですな。

| 2005読了日記 | 10:58 | comments(1) | trackbacks(0)
ブクログいじり始め
ブログで読了日記つけようと思ってたら、家入社長のブクログなんていう便利なものがあるんじゃん!ということで、登録してみた。
も少し軽ければ文句なし。あと、デザインのカスタマイズが簡単にできればなお良し。
| 2005読了日記 | 21:11 | comments(3) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
マインド・ゲーム
マインド・ゲーム (JUGEMレビュー »)
ロビン西
3連日、リピートして見続けました。楽しい。
RECOMMEND
猫にかまけて
猫にかまけて (JUGEMレビュー »)
町田 康
猫と暮らすことの喜びと悲しみを克明に。町田氏のHPで公開されている日記を併せて読むと感慨大。へっけが可憐でいじらしい。猫飼いたい。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE